ATV青森テレビ

  • HOME
  • テレビ番組
  • ニュース・天気
  • アナウンサー
  • イベント&プレゼント
  • じん子六丁目

放送番組の種別

2017年10月〜2018年3月 放送番組の種別報告

PDFファイルを閲覧するには、「AddobeR ReaderR」が必要です。
最新バージョンはコチラからダウンロードすることが出来ます。

番組審議会

審 議 員
(10名)
委員長 ・橋本 都
副委員長 ・木村 和彦
委  員 ・井沢 厚・岡本 潤子・齋藤 光春・福士 大二
・蒔苗 正子・三上 知見・村上義千代 
(あいうえお順)
開催日    8月、12月を除く毎月第4火曜日
場 所    青森テレビ 本社会議室
第34期446回青森テレビ放送番組審議会
開催日時 平成30年7月24日(火)
場  所 青森テレビ 本社会議室

審 議 内 容

第34期第446回青森テレビ放送番組審議会は、2018年7月24日(火)本社会議室で開催されました。

●議案審議
(1)8月放送の特別番組について
(2)視聴番組の合評
・番 組 名 「気軽に船旅いかが?」
・放送日時  2018年6月3日(土)14:30〜15:00

今回審議頂いた番組は、2018年6月3日の日曜日午後14時30分から放送した「気軽に船旅いかが?」です。
この番組は、シンガポール発着、ペナン島、プーケット島を周遊する4泊5日のクルーズ旅行に同行取材したものです。スポーツアクティビティやステージショーなど、非日常の世界で溢れる船内。価格が高そう、船酔いが不安、と言った心配を吹き飛ばす快適な船旅を、高山基彦アナウンサーがリポートしました。
視聴のあと、各審議委員からは次のような質問、意見、感想などが出されました。

※テロップの表示時間が短く、目が追いつかなかった。飛行機でシンガポールまで向かうので、「気軽に」というタイトルが気になる。青森から出発した場合の、旅の総額を知りたい。

※船旅に行きたくなるような内容。色々な国の人との交流が出来る、と言っていたが、交流シーンがなかったのが残念。

※アナウンサーが楽しそうで、羨ましい。ショーのシーンをもっと長く見たかった。クルーズが身近で気軽と伝えたいなら、シンガポール発着ではなく、別航路でもよかったのでは?

※船内のアクティビティがたくさんある事が分かり、楽しそう。旅行日程のタイムテーブルがなかったので、時間の推移が分かりにくい。

※クルーズ旅行の楽しさが伝わる内容。寄港先での停泊時間や、街までのアクセスにも触れてほしかった。青森発着のコースを紹介して欲しい。

※船内の見取り図が必要、レストランの数や内容についてもっと知りたかった。料理の見せ方にもう少し工夫が欲しい。

※船旅の楽しさが伝わった。資料映像との繋ぎ方や、カメラの撮り方にも工夫が見られた。


☆今回の番組審議会の模様は、2018年7月28日(土)09:25〜09:30「番組審議会からの報告」の中で概要を放送。

☆次回の番組審議会は平成30年9月25日(火)の予定

ページトップに戻る